게시물 제목, 작성자, 작성일, 일정, 첨부파일, 내용을 볼 수 있는 테이블입니다
国立灯台博物館
Attachment
  • The National Lighthouse Museum
  • The National Lighthouse Museum
  • The National Lighthouse Museum
  • The National Lighthouse Museum

灯台の歴史的・文化的な価値と海洋安全に寄与する役割、海洋思想を国民に知らせるために建てられた国内唯一の国立灯台専門博物館で、東海岸の青い海と日の出が一度に見られ、韓国の地形上、トラの尾に該当する地域に位置している。国立灯台博物館は、産業技術の発達と時代的な変化により、次第に姿を消しつつある航路標識の施設と設備を永久に保存・展示するために建てられたもので、観覧客が直接見て・聞いて・触ってみながら体験できるように構成された体験学習の場でもあり、航路標識と海洋水産の重要性を知らせて夢を育てる空間である。施設現況 位置 : 浦項市南区大甫面大甫里221番地 施設 : 敷地4,958坪、第1展示館104坪、第2展示館504坪 開館 : 3月~10月(10:00~17:00)、11月~2月(10:00~16:00) 沿革 灯台博物館開館 : 1985年2月7日 博物館指定 : 1986年4月18日(文化観光部) 博物館登録(第42号) : 1993年3月25日 博物館移管 : 1995年6月25日(浦項市 ⇒ 浦項地方海洋水産庁) 浦項地方海洋水産庁博物館運営開始 : 1995年7月1日 博物館施設拡充工事 : 1993年9月20日∼2001年8月24日 拡張開館 : 2002年4月19日 所蔵資料 航路標識用品および海洋関連資料320種/3,000点(展示500点) 第1展示館(海洋水産広報館) : グラフィックパネル 第2展示館(灯台館、灯台遺物館) : 遺物およびグラフィックパネル 水上展示館 : 迎日湾ㆍ鬱陵島ㆍ独島地形および航路標識と船舶模型 野外展示場 : 発動発電機、空気サイレン、無人灯台、(灯)浮標、送信設備など 交通案内 市内から200番または200-1番の座席バスに乗り、九龍浦終点で下車して大甫行き市内バスに乗り換え、虎尾串で下車 (1日16本) 市内から九龍浦・甘浦方面の国道31号線を利用し、九龍浦邑に入った後、地方道925号線を利用して 車で20分ほど進むと、虎尾串日の出広場の横に位置